<   2006年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

Jules Broussard / Jules Broussard

d0045900_041752.jpgJules Broussard / Jules Broussard
ベイエリアのセッションマン、ジュールス・ブルサード(ts,als,ss)がマイナーレーベルに残した1980年作。
男女ボーカルの掛け合いとソプラノサックスの音が最高に幸せ感を生む#1「Got Be The Only One」、疾走感溢れる#4「All I Do」をはじめ、全体的に'70年代後半のメロウな雰囲気で★★★★★。
d0045900_0414311.jpgベイエリア特有のカラッとした爽やかファンクにいいあんばいでジャズのエッセンスが散りばめられていて、また、ジャズ系セッションミュージシャンが演るソウルという美味しさは期待通りにここでの演奏クオリティーも高く、気持ち良く聴けます。それから、ドラマーとして若手で参加していたマーク・リーの作る楽曲(#10を除くすべて)がノーマン・コナーズばりにポップでいい味を出しています。ただ、#5「Something Special」#9「Body To Body」のディスコナンバーではポップさを狙うあまり安っぽくもなっているのですが、アルバムとしては和気あいあいと演奏しているのが伝わってくるような、暖かみのあるものに仕上がっていて好感が持てます。Jaye P. Morgan / Same(1976)に通じる雰囲気もあります。永きにわたる愛聴盤。
[PR]
by vespaet34 | 2006-03-30 23:57 | CD棚(Jazz&Soul)

Breakwater / Breakwater

d0045900_2343039.jpg語り尽くされていると思いますが、ナイトフライトとくればブレイクウォーターも聴かずにはいられないですね。1978年ファーストアルバム。甘く切ないアーバンソウル系AOR。名ジャケ&名盤。★★★★★。

試聴
d0045900_23432796.jpgメンバー構成もそそられます。(フィラデルフィアのハイスクールでの学友とのこと。)

定番の名曲#1「Work It Out」のほか、メロウな#2「You Know I Love You」、ディスコな#4「No Limit」もグッときます。アルバム全体の完成度も高く、繰り返しますが、甘く切ないポイントはかなりのものです。
[PR]
by vespaet34 | 2006-03-28 23:46 | CD棚(Jazz&Soul)

Niteflyte / Niteflyte & Niteflyte II

d0045900_23284982.jpgマイアミの白人黒人デュオ、ナイトフライトのファースト('79年作)。爽やかアーバンソウル、AOR★★★★★。オープニングを飾る80'sディスコ調「All About Love」、AWBのハミッシュ・スチュワートが参加するフリーソウル定番曲「If You Want It」(#2)、デヴィッド・サンボーンのアルトが艶やかな「I Wonder」(#7、かなりスティーヴィー・ワンダーを意識した曲で◎。)が聴きどころ。あと「Tryin' To Find」(#6)も。

d0045900_23292526.jpg続いて'81年発表のセカンド。音使いもファーストの延長線上で、よりポップにまとまっています★★★★★。SMAP「がんばりましょう」の元ネタ「You Are」(#1)、ノーマン・コナーズが『Mr.C』でカバーしている「Anyway You Want」(#4)、チョッパーベースとギターのカッティングが気持ちいい「Sexy Dancer」(#5)、切なく懐かしい「On Your Own」(#6)、メロウな「I Knew It Couldn't Happen」(#8)と、こちらも粒揃い。
[PR]
by vespaet34 | 2006-03-26 00:46 | CD棚(Jazz&Soul)

Eddie Palmieri / Lucumi Macumba Voodoo

d0045900_17453643.jpgエディ・パルミエリ(p)1978年作。★★★★★
'05リマスタリングで音がかなり良いです。ブラックジャズファンク&スピリチュアルソウル。かつ、ポップ。
#2「Spirit Of Love」、#5「Highest Good」はコーラスワークとラテンファンクのグルーヴがグイグイきます。(他はタイトルどおりの感じです。)
[PR]
by vespaet34 | 2006-03-25 17:52 | CD棚(Jazz&Soul)

とんとん来

d0045900_7392781.jpg★★★★
四条通りを川端から西へ少し入ったところ。店に入ると豚骨独特のにおいが漂っています。スープは豚骨しょうゆ系で、結構あっさりめ。豚の甘みがほんのり感じられ若干とろみがあります。麺は細麺です。
d0045900_7394268.jpg席はカウンターのみ。

飲んだ後長浜ラーメン『みよし』もいいですけど、こちらもなかなかですよ。
[PR]
by vespaet34 | 2006-03-25 00:08 | ラーメン

Stevie Wonder / Music Of My Mind

d0045900_23591683.jpg1972年発表の16作目。スティーヴィー・ワンダーの中で最も好きなアルバム。#2「Superwoman」,#3「I Love Every Little Thing About You」#5「Hppier Than The Morning Sun」,#8「Keep On Running」が特に★★★★★。#2ではバジー・フェイトンがギターを披露。とにかくムーグとクラヴィネットの音が気持ちいい神憑り的な1枚。
[PR]
by vespaet34 | 2006-03-24 07:05 | CD棚(Jazz&Soul)

バッテリー交換

d0045900_23392744.jpgET4、3つめのバッテリーです。充電して装着。
バッテリーまわりはガタつき音の要因が強いのでクッションテープで対策。
あと、9Aに注意というところでしょうか。

走行距離28072km。
[PR]
by vespaet34 | 2006-03-21 23:29 | ET4メンテナンス (27)

アンティーク&コレクティブルセール@けいはんな

d0045900_8323764.jpg愛用のファイヤーキング、エキストラヘビーマグ('60~'76)。
3/18,19と花空間けいはんな(京都府フラワーセンター:精華下狛IC近く)での屋外イベント「もぎとりセール」に出店してきました。アンティーク、コレクティブルショップ等が一同に揃い約80店。
d0045900_8331822.jpg d0045900_840334.jpg
左上:準備中の会場。右上:オープン後の店頭。

d0045900_8382812.jpgd0045900_8421170.jpgd0045900_13232621.jpg
d0045900_13222518.jpgd0045900_13225281.jpgd0045900_13233973.jpg
会場をぶらりとして気になったもの
上列左から:シトロエンのジープ、プジョーの3輪車、栓抜き(英)
下列左から:40~50年前のチェスト(英)、Smithのネジ巻き式時計(英)、テイラー社のセルロイド温度計(米)

d0045900_1324699.jpg ロバくんがパンを売っていました。 (詳細はこちら)

雨、雪、強風と天候は散々でしたが、会場は根強い雑貨ファンの方々で賑わっていました。

そうそう、上のテイラー社の温度計を売っていたお店は、和歌山県からの出店でした。お店のご夫婦に雑貨の話ついでに和歌山ラーメンの井出商店へ食べに行きたい旨を話すと、丸三(まるさん)の方が地元民としてはおススメとのことでした。必ずや丸三へ行きます!

[PR]
by vespaet34 | 2006-03-20 00:56 | その他いろいろ

Paulinho Da Costa / Happy People

d0045900_1513368.jpgシーウィンドをはじめとするお気に入りアルバムにクレジットされている名前で、かなりの頻度でヒットするパウリーニョ・ダ・コスタ(Perc)。★★★★★

1979年のリーダーズアルバム。Voにフィリップ・ベイリーやビル・チャンプリンを起用し、ラテンフレイバーが散りばめられた爽やかリゾート系AORに仕上がっています。モンドグロッソがBahia Sunsets名義でカバーしているイヴァン・リンスの曲「Carnival Of Colors」(#6)、ビル・チャンプリンが歌う#2「Take It On Up」と#4「Seeing Is Believing」、アーバンソウルな#7「Let's Get Together」、フィリップ・ベイリー節炸裂のオープニング曲「Deja Vu」など聴きどころ満載です。 試聴
[PR]
by vespaet34 | 2006-03-18 00:12 | CD棚(Jazz&Soul)

Carla Whitney / Albert Jones

d0045900_1482363.jpgCarla Whitney / Carla Whitney
ロレッタ・ハロウェイを彷彿させる伸びやかなボーカル。H-D-Hの「Gimme Shelter」(#5)、図太いファンクの#8「War」なんてグッときます。

Albert Jones / The Facts Of Life
#3「You Just Can't Turn Me Loose」はビル・チャンプリンが歌っていても似たような感じに仕上がりそう。跳ねるリズム、ホーン、ストリングス、それにに小気味良いギターカッティングと爽やかな女性バックコーラス。Omoさんご指摘のとおり音の悪さ(サ行が擦れる感じ)が残念です。ぜひリマスタリングで聴きたいです。明るくポップな#5、色っぽくファンキーな#6もいいですね。メロウな#8#9は特にツボです。(#8もビルチャンプリンがよぎります。)Omoさんの日記参照
[PR]
by vespaet34 | 2006-03-17 00:20 | CD棚(Jazz&Soul)