Patrice Rushen / Prelusion

d0045900_9403964.jpgジャズの名門プレスティッジより、パトリース・ラッシェンの1974年デビューアルバム。
★★★★★

極め付きはハンコックのヘッド・ハンターズばりにスリリングなファンクナンバー「Haw-Right Now」(#3)。レオン"ンドゥグ"チャンクラー(ds)の叩くソリッドな音に絡んでブンブン唸るBass,そしてジョー・ヘンダーソン(ts)がブロウしまくり、若さ爆発のラッシェン(弱冠20歳)もエレピを縦横無尽に、というように気持ちいい音がとめどなく溢れ出てきます。

#1の「Shortie's Portion」はジャケットのイメージどおりストレート・アヘッドな曲で、これもスリリングな展開が楽しめます。
[PR]
by vespaet34 | 2006-04-06 23:58 | CD棚(Jazz&Soul)


<< Patrice Rushen ... HEAT / HEAT >>