SRX400 その1

ちょうど今から10年前、1995年8月26日の写真。PX乗りの友人と。
d0045900_0565210.jpg
二輪免許(昔の中型免許)を取ってからMGBを手に入れる頃まで、バイクはずっとSRX400に乗っていました。セル付きのⅡ型です。

後輪がグイグイと地面を蹴上げるような低速トルクで、この分厚いトルク感と単気筒特有の鼓動感はかなり楽しいものでした。また、コーナリングにもクセがなく、気持ちよくラインを描くことができました。下道で九州へ行ってみたり、いろんなところへツーリングにも行きましたし、よくタンデムもしました。…MGB以上に思い出深い1台でした。

デザインや乗り味に惚れ込んで3万キロ近く走ったのですが、単気筒ゆえの宿命かツーリングなどで長距離を走ると振動で手がしびれるようになり、乗るのが辛くなってきました。(1.5万キロを走行した頃ぐらいまでは大丈夫だったのですが…。)

SRXを手放そうと思った頃には、次はVツインかLツインあたりがいいかな、なんて思ってみたり。本当にいいバイクでしたが生産中止になってしまうとは…。

乗っているものが替わっても…お互いあまり変わってないです。
[PR]
by vespaet34 | 2005-08-25 23:55 | バイクその他


<< 奴ら ET4メンテナンス..(18)... >>