バドミントン

d0045900_01941100.jpg生涯スポーツとして続けているバドミントン。素人に毛が生えた程度ですが、昨日は市民総体の団体戦(1チーム3ペアのダブルス)で、3部(去年4部で優勝したので)で激しく楽しく、汗をかきました。一回り年下の相手に奮戦勝利したかと思えば、一回り年上の方を相手に悪戦苦闘の敗戦。両方ファイナルゲームまで競って...うーん、奥が深いです。コーチ役から悪い癖を引きずったままやで~と反省点を指摘していただいたので、記録しておきます。

【直すべき点】

1.シャトルが上がってきたチャンス時は、じっくり構えテイクバックをしっかりとってから打つ(そうでないと手打ちになる)。
2.ネット際に落とされた時、右足をしっかり出して、考えてから打つ。(打つ体制に入る前からクロスを打とうとしている。読まれたら終わり!とのこと。ギクリ。)特に右前を狙われているのが分かりました。
3.より高い位置、より前で打つ。

いつも鋭い指摘に感謝しています。何回も何回も言われている事なんですが余裕が無くなるとつい悪い癖が出てしまうのですね。練習練習!
[PR]
by vespaet34 | 2005-07-11 23:20 | その他いろいろ


<< ET4をよく見ると (29) 錆 SEAWIND / SEAWIND >>