カテゴリ:CD棚(Jazz&Soul)( 116 )

BlackQP'67 / Hot Chase

d0045900_111914.jpg

BlackQP'67 …BapでLatinでFunkな踊れるジャズ。
Nativeのas中村智由がtsに持ち替えた別ユニット。
tpとのハーモニー、org,elp,gtrの音、リズムセクションすべてが心地よく、
アタマを空っぽにして楽しめます。曲、音、演奏よしです。
中村さんのライナーがまた泣ける…。2009年8月、P-Vineから。

今年もよろしくお願いします。
[PR]
by vespaet34 | 2010-01-20 00:01 | CD棚(Jazz&Soul)

BABADU!

d0045900_2031287.jpg秋っぽくすっかり肌寒くなってきましたが、もう少し暑かった頃に紹介したかった1枚。★★★★★
この夏前にセレストから再発された、ババデュ唯一のアルバム(79年リリース)。ジャケの雰囲気からわかるように、ハワイ発です。そして、プロデュースはレムリアで有名なカーク・トンプソン。メンバーも重複してアルバムの雰囲気も似ています。(レムリアのナンバーもあり。)カラッと暑い雰囲気にキャッチーなメロと甘く爽やかなボーカル。レムリアとマッキー・フェアリー好きなら外せません!!

More
[PR]
by vespaet34 | 2009-10-11 21:01 | CD棚(Jazz&Soul)

Eddie Russ/See The Light , Take A Look At Youeself

d0045900_22323266.jpgこれも昨年末のことですが…Eddi Russ 待望のCD化。なんと『See The Light』と『Take A Look At Yourself』の2in1。★★★★
他にCD化されているのは、Jazz Funkなファーストアルバム『Fresh Out』(1974)、翌年に名義を変えて参加した『The Mixd Bag 』(1975年)があります。

このジャケにピンときたら買い!?
[PR]
by vespaet34 | 2009-05-06 22:23 | CD棚(Jazz&Soul)

雨の大覚寺 // Raphael Chicorel / I'm In Love With You 

d0045900_1321484.jpg
雨…。
クリスマスが近づいてきたなと感じながら車のHDにラファエル・チコレルとアグスティン・ペレイラ・ルセナを読み込ませ、昼食を買いに大覚寺の傍へ。大阪で何度か通ったパン屋の姉妹店が確かこの辺りにあったと思いつつも、結局見つからず。また地図で確認しておこう…。
広沢池近くの山はまだそんなに紅くなっていないようなので、しばらく紅葉は見られそうです。

d0045900_14358100.jpgRaphael Chicorel / I'm In Love With You (1972) ★★★★★
リラクリゼーションのためのJazz。女性Vo、Sandra Mandella が歌う「I'm In Love With You」 が泣けてきます。全編Penny Goodwin をプロデュースしたThe Ray Tabs Trioの演奏で、P,Elp,Org,のゆったりした音がなんともいい雰囲気。アップリフティングでボッサな曲やタイクーン・アップな曲もあり、ソウルジャズと紹介されていたりもしますが、バラード曲も多く、落ち着いて聴ける最近のヘビーローテーション盤です。昨日、一昨日の夜は白熱球の光の下、このアルバムを聴きながら黒霧島のお湯割りを飲んでました ^^。

d0045900_14361396.jpgAgustin Pereyra Lucena / Ese Dia Va A Llegar (1975)★★★★★
リラクリゼーションのためのBossa。アグスティンの中で一番好きかも。あと、Joao Donato / A Blue Donato (1973)もゆったりした雰囲気が好きでよく聴いてます。


~大覚寺の中
[PR]
by vespaet34 | 2008-11-24 13:05 | CD棚(Jazz&Soul)

Primo Kim / To Be Near

d0045900_20375549.jpg★★★★★ Primo Kim(p,vo)の'72年自主制作盤。('07.12CD化) Bobby Cole,Mike Campbell,Fred Johnsonあたりが好きなら即買いの一枚でしょうね。
哀愁あるブルージーなヴォーカル、ラテンに跳ねるリズムセクション、パーカッシブなピアノがツボにはまります。オープニングを飾るキラーチューン#1「Why You」他、ジャズワルツやストリングスが響くしっとりした曲ありファンクありと多彩で、気持ちよく聴けます。基本的に+g,b,d,asの構成。試聴♪
[PR]
by vespaet34 | 2008-02-24 21:45 | CD棚(Jazz&Soul)

Furuhashi Tsuyoshi Jazz Quartet / Flower Of Cosmic

d0045900_23264147.jpg


有楽町で用事を済ませ駅前広場を足早に通り過ぎようとすると、どこからともなく聞こえてくるテナー・サックスの音色。一瞬どこかのスピーカーから出ている音かと思いながら耳を澄ませると、なんとも塊感のある強い音圧のTsの生音が…やっぱりこの近くで誰かが吹いてはる!

音の塊に向かって歩いていくと、モニタースピーカーをバックに古ぼけたTsを奏でる方の姿が。立ち止まって、少し遠慮がちに距離を置いてじっとTsを見ながら音色に集中していると、演奏を中断されライブのフライヤーをそっと差し出されました。CDも出しているとの一言。演奏再開されてしばらく聴いていると、やっぱり音色といい歌心あるフレーズといい引き込まれてゆくものがあり、CDを頂くことに。ついでに楽器のことをお尋ねすると、アメセルのマーク7、ゴールドプレートとのこと。ダークな音ながら、すごくいい鳴りっぷりをしていました。

帰ってさっそくCDを聴いてみると、これがまたツボにはまりました。特にお気入りは、#1,8 宇宙の花、#2 Hore Of Living、#3 Homargi Ⅱ、#4 Furuhashi's Jazz Walts 。アルバム全体的にスピリチュアルで哀愁感ある美しいメロディーが漂っています。#3の高速ラテンリズムに切り替わるところや、#4のワルツナンバーはグイグイ引き込まれます。川のように流れるオルガンをバックにゆったりとブロウされる#1(#8はPiano ver.)、キャッチーなメロディーの#2もリラックスでき、気持ちのいい世界へいざなう濃い1枚です。

♪試聴
[PR]
by vespaet34 | 2008-02-12 23:26 | CD棚(Jazz&Soul)

The Mixed Bag / Mixed Bag's First Album

d0045900_15501179.jpg★★★★★キーボーディストのエディー・ラスによる『Fresh Out』に続くアルバム。『Fesh Out』 でのバンドThe Mixed Bagをプロジェクト名に。前作のファンキーさとは趣が変わって、ブラジリアンフレイバーたっぷり。

#1「La Margarita」はエレピ好きの高速ブラジリアンフュージョンファンにはたまらないです。#4「Ziaus」も跳ねるボサロックな雰囲気で◎。(76年の『See The Light』で再演。)Tarika Blue のファーストアルバムやFull Moonのインストナンバーなんかは似た雰囲気かもしれないですね。#6「Shark」は前作の雰囲気を感じさせるファンクな曲。

トライブレーベルからの1枚ですが、レーベルのイメージをいい意味で裏切ってくれるフュージョンアルバムです。

1975年3月、デトロイト録音。…エディー・ラスの他のアルバムもぜひCD化を!!
[PR]
by vespaet34 | 2008-01-21 23:50 | CD棚(Jazz&Soul)

Mind, Body, Spirit / Black Renaissance

d0045900_15393385.jpg新年1発目は、初日の出にかけて太陽ジャケを。ブラック・ルネッサンスというタイトルイメージに似合ったジャケットです。イメージから想像どおりの音世界で恍惚と聴き入ってしまうスピリチュアル・ジャズ。★★★★★
ハリー・ウィテカーのプロデュースで'76年に日本のレーベルからリリースされていたものが、'02年にLUV N' HAIGHTから再発CD化。

#1の表題曲「Black Renaissance」はバスター・ウィリアムスのうねるベースと、ハリー・ウィテカーの力強いピアノのリフが耳に焼きつきます。浮遊感漂うソプラノコーラスが絡み付くなかTs,Tpのインプロヴィゼーションが続き、混沌とした総勢プレイでエンディングへ。ジャズワルツ調の#2 「Magic Ritual」ではエイゾー・ローレンスがssに持ち替え、更にアジテーションが加わり熱い展開に。

#1は23分40秒、#2は15分33秒と長尺ですが展開がドラマチックで、最後まですんなり聴かせるパワーがみなぎっています。また、いずれの曲もアフロパーカッションが土着過ぎず適度なスパイスに。エイゾー・ローレンス、デビッド・シュニッター、ウッディー・ショウの哀愁感あるブロウは胸にきますね。



1976.1.15 ニューヨーク録音
Personnel:Woody Shaw(Tp),Azar Lawrence(Ts,Ss),David Schnitter(Ts),Harry Whitaker(P),Buster Williams(B),Billy Hart(Ds:#1,Per),Howard King(Ds:#2,Per),Mtume(Per),Earl Bennett(Per),Lani Groves,Edia Holt,Sandy Nakamura,Assanta Doby(Singing Voices),Sekou Sandiata,Fikisha Cumbo,Dwight Carson,Bobby Andrews,Andaye DeLaCruz(Speaking Voices)

試聴♪
[PR]
by vespaet34 | 2008-01-14 22:00 | CD棚(Jazz&Soul)

Chocolateclay / Chocolateclay

d0045900_16452647.jpg
[PR]
by vespaet34 | 2008-01-14 16:19 | CD棚(Jazz&Soul)

The Spats / Spats

d0045900_1614051.jpg
[PR]
by vespaet34 | 2008-01-14 16:02 | CD棚(Jazz&Soul)