カテゴリ:ET4メンテナンス (27)( 29 )

ディスクローター交換

d0045900_2356568.jpg注文していたET4のディスクローターがやっと入荷され、パッドと同時に交換してきました。走行距離28072km。あとブレーキフルードも一緒に。

ブレーキ周りがリフレッシュされたので最高のフィーリングになったのはいうまでもありません。レバーを握ったときの微妙なタッチで思うどおりジワッと効き、パッドの全面とローターががっちり噛みあって摩擦しているのが掌に伝わってきます。
よく踏ん張るサスとの組み合わせも絶妙で、クィッ、クィッと切り替えしたり、下りのコーナーが楽しいです。

それからメーターがまた動かなくなり、ケーブルも交換しました(これで2回目)。メーター裏側取り付け部分の周りに余裕空間がなく、ハンドルを切るたびに他の部分に引っ掛かりポロリとなっていたのです。(自分でやっていた作業でケーブルの収め方が悪かったのか…。)このあたり、LXでは改良されているようです。
[PR]
by vespaet34 | 2006-04-03 23:56 | ET4メンテナンス (27)

バッテリー交換

d0045900_23392744.jpgET4、3つめのバッテリーです。充電して装着。
バッテリーまわりはガタつき音の要因が強いのでクッションテープで対策。
あと、9Aに注意というところでしょうか。

走行距離28072km。
[PR]
by vespaet34 | 2006-03-21 23:29 | ET4メンテナンス (27)

タイヤ、インマニ交換他メンテ

d0045900_149165.jpg今回27713kmにて、Vespa125ET4のRタイヤ交換、インテークマニホールド交換、ウェイトローラー等清掃・グリスアップ、吸気量調整レバーの分解清掃・グリスアップをモトリーノデルベント京都店にて実施しました。消耗品交換と定期メンテの一環で調子良くはなったのですが…。
前回のリアタイア交換は24617kmだったので、3000kmしか走っていないのにピレリのSL38は下記画像のように中央がツルツルになっちゃってました。特に毎日の走り方や走行ルートを変えたワケではなく、この寿命の短さは異常。街乗りタイヤとしては致命的です。因果関係は分かりませんが、このピレリはブラジル製でした。で、元のミシュランVM100に戻しました。これまでに履いてきた4本とも6000kmはもっていますし。

ホイールに近い方の傷がパンク箇所です。左上画像のコンプレッサーで空気を注入して発見できました。ちなみにこのコンプレッサー、ホームセンターのコーナンで800円程で売っているもので、おもちゃ感覚で使ってみたのですが問題なく使用できました。コンパクトで軽いのでET4のリアボックスに常備しておくことにします(電源はソケット)。
d0045900_1493284.jpg

実は前回の修理後、出足が悪くなると同時に最高速が80kmにまで落ちてしまったのですが、これは吸気量調整レバーの動きが渋くなっていたせいでした。今回ひび割れたインマニの交換と同時に分解清掃、グリスアップしてもらい復活。あと、ウェイトローラー等バリエーターの清掃、グリスアップをしてもらったのでトータル的に右手の動きにはかなりリニアなレスポンスをするようになり大満足です。気持ちよく走れると長いこと乗ってやろうという気になりますね。
[PR]
by vespaet34 | 2006-02-05 23:24 | ET4メンテナンス (27)

リフレッシュ

d0045900_0565182.jpg走行距離27425km。

年末に再びヘッドライト切れして以来、久々にモトリーノデルベントへ預けてすっきりリフレッシュしました。

ヘッドライト切れの原因はバルブ切れで、今度はノーマル球に戻して落着。あと、オイル&フィルターを交換。プラグキャップとのコネクター部分がゆるくて接触不良を起こしていたプラグも交換。
d0045900_0571427.jpg時計も1度交換した後すぐ切れてしまっていました。湿気を帯びていたせいか、電池の接触が悪かった基盤をハンダ付け補修してもらい、すっきり回復。
d0045900_058393.jpgあと、怪しいのはここですね。インテークマニホールド。右側にキャブレターがあり、ゴムのマニホールドを介して混合気をエンジンへ送り出すのですが、これがひび割れてきてエアを吸って調子が悪くなることもあります。右画像では、スポットの部分に若干のひびが見られます。27000kmというと結構長持ちしている方ですが、部品を発注しておきました。

[PR]
by vespaet34 | 2006-01-23 23:58 | ET4メンテナンス (27)

ヘッドライト再び点かず

d0045900_243258.jpg11月に修理してからまたもやET4のヘッドライトLow側が点かなくなりました。バルブが切れている様子でもないですし、どうしたものかと。

バッテリーもセルが1発で回らなくなるなど、そろそろ危ないかなという予兆が出てきました。
[PR]
by vespaet34 | 2005-12-22 23:57 | ET4メンテナンス (27)

ET4パンク

本日、朝の通勤途中にET4が初パンク。リアタイヤです。
走行は26540km。こないだタイヤ交換したとこなんですが…。
d0045900_2131697.jpg

d0045900_2183225.jpgチューブレスパンク修理キットが3年越しで初めて役立ちました。キットの2本入りラバーセメントのうち1本は乾燥して中身が無くなっていましたが、もう1本が無事で使えました。ホッ。たまたまGSの横でペチャンコになったので空気入れが借りられ随分助かりました。(右の画像はチップを差し込んだ直後のものです。)

修理作業は5~10分ぐらいです。手順を要約しますが、チューブレスタイヤのパンク修理は結構簡単です。まず空気を入れて穴の開いた場所をチェック。(穴から空気が抜け出てきます。)そこへリーマー(キリみたいなやつ:黄色いハンドルのですね。)にラバーセメントを塗りたくり3回ほど穴へぐりぐりと奥まで差し込んで馴染ませます。そして楔形のゴムチップをリーマーの先に差して穴へ奥まで差し込んでいくと、引っ掛かって止まります。あとはリーマーを抜けばチップが残るので、先っぽに出ている部分をカッターで切るだけ。そして、空気を入れて出来上がり。注意点は、ゴムチップを差し込む時にグリグリねじらずまっすぐ入れること。あとは、空気を入れるコンプレッサーが無かったら修理は結構辛いかもしれないですね。穴の位置が分かって、修理後に空気が入れられれば問題は無いのですが。

パンクの瞬間ですが、走行中急にゆらゆらとハンドルが取られる感じになって、あ~パンクかなと思ってそのまま走っているとリアタイヤがペッチャンコになるのが分かりました。原因は、おそらく未舗装のガタガタ道をよく走っているせいだと思います。(ピレリに変えたせいだとは言い難いです。)

パンクした時、ET3やPXならスペアタイヤに交換できるんですけど、ET4にはコンプレッサーも積んどかんとアカンかな…。
[PR]
by vespaet34 | 2005-11-25 21:04 | ET4メンテナンス (27)

ホーン鳴らず

d0045900_175515.jpgET4で国道を走行中、路肩に止まっていた車が危なかしい不穏な動きで横から出てきたのでホーンを鳴らそうと指を掛けると…鳴らない。ん~?さてはこの前ヘッドライトを直したのが原因か?線が外れてるか何かだと思うけど。自分で見るか店へ持って行くか。とりあえず時間作れるまでほっとこ。(左画像はET3のです。)
[PR]
by vespaet34 | 2005-11-14 23:58 | ET4メンテナンス (27)

ヘッドライト バルブ交換

d0045900_2373485.jpg新車から2年経った'04年09月、 15791km走行時にヘッドライトランプのLow側が切れたので交換しました。ノーマルはPhilipsのH7-55wが付いていました。この時にPIAAの少し白さが増すものに交換し、それから1年、先日また同じ部分が点かなくなりました。('05年09月 25940km走行時。 )…1年で切れる?(画像はヘッドライトの裏側)

d0045900_243258.jpg交換したPIAAのバルブが悪かったのかなと思いつつ、すぐさま新品バルブを購入。(交換ついでにもう少し白いのを。)しかし、点かないライトのレンズ越しにバルブを見ていてもフィラメントが切れている様子は無く、もしかすると見えにくいところが切れているのだろうか…と。けれども、ヘッドライトを外してみるとフィラメントは繋がっていました…。アレ~??。以前からハイビームのスイッチ裏にあるコネクタの接触が少し悪かったので、そのあたりが原因かと思いながら、とりあえず新しく白さが増したバルブ(上画像)にワクワクしながら交換し、ヘッドライトを元に戻してみると…点かない!!。うぐぐぐ…。

もしかするとスイッチ?と思い、再びヘッドライトを外してスイッチを外し、清掃してみて再装着。けれどもダメ。結局モトリーノデルベント京都店に持っていってテスターであっちこっち通電を調べてもらってやっと原因が判明。

d0045900_2463657.jpg予想していたハイロー切り替えスイッチあたりの接触不良ではありませんでした。灯台下暗しというか、バルブと配線の接続部分が甘くなっていただけの話でした。ついでにハイ側もかしめてもらいバッチリ通電。こんなところが…。この部分、つけたり外したり繰り返すと結構緩んできて通電しにくくなくなるみたいです。でも、1回交換しただけなのでそんなに付けたり外したりはしてないのですが、緩むものなんですね。

結局はイタ車だから電気系統が弱いという話とは無縁のことでした。原因がすぐに分かって直ったからこそ言える話ですが…。下手すると原因が分からないバイク屋さんもあるんじゃないかと(失礼ながら)よぎりました。そういう店だと、「いや~、イタ車は電気系弱いですから。」の一言でヘッドライトユニットごと交換する羽目になるのだろうかと思ったり…。しかしながら、ET4は春夏秋冬毎日乗リ続けていても頼もしさを感じられるすごいヤツです。

そうそう、この青いバルブは白さが倍増します。
[PR]
by vespaet34 | 2005-11-03 20:47 | ET4メンテナンス (27)

ヘッドライトバルブ

d0045900_1852492.jpg、について少し書こうと思います。(予告ですみません。)
[PR]
by vespaet34 | 2005-10-31 18:53 | ET4メンテナンス (27)

ET4メンテナンス (21) FRタイヤ交換

先日、モトリーノデルベント京都店にてフロント・リア両方のタイヤを交換しました。走行距離は24617km。フロント側は2本目、リア側は4本目になります。

d0045900_23471634.jpgこれまで装着していたミシュランVM100の場合、交換サイクルは前が12000kmごと、後ろが6000kmごと、という状況になっています。もっとも、フロント側は溝が残っていたものの片減りが激しく、手を離すとすぐハンドルがぶれてこけそうになるほど挙動が不安定だったので交換です。リア側は画像のとおり中心の溝が消えています。


d0045900_2346532.jpgd0045900_23463167.jpg
(左:ミシュランVM100 右:ピレリSL38)

ミシュランのVM100は、まろやかな乗り心地やコーナリング・雨天のグリップ力など安心感があって気に入っていたのですが、今回はちょっと趣向を変えてみて、以前話に出てきたピレリのSL38UNICOを装着してみることにしました。ET4の初期型によく装着されていたもので、鱗みたいな独特のパターンです。それから、今回はバルブも交換しました。

見た目や触ってみた感じだとピレリの方がゴム質が硬い感じです。100kmほど走ってみたのですが、道路の継ぎ目などで感じるフロントのゴツゴツ感もミシュランより強いかな、と思いました。ただ、この硬い感じはリアなんかだと曲がる時にしっかり踏ん張っているような感覚もあり、そういう面ではなかなか好印象です。タイヤの慣らしを終えてみて、雨の日や峠道などもっと走ってみないとよく分からないとは思いますが…。とりあえず近々予定しているツーリングが楽しみです♪
[PR]
by vespaet34 | 2005-09-13 22:58 | ET4メンテナンス (27)