Agustin Pereyra Lucena / La Rana

d0045900_22284024.jpg1  3 Horas Da Manha
2  Samba Do Aviao
3  Tema Medieval
4  Despues De Las Seis
5  Tema Barroco
6  La Rana
7  Pra Que Chorar
8  Encuentro

Candeiasで活躍したアルゼンチンのギタリスト、アグスティン・ペレイラ・ルセナのソロ作。1980年ノルウェー録音。

DJのOmoさん、ギタリストのすちるおるたさん一押しでのご紹介盤。

i-podに曲を詰め込み屋外で集中して聴いているとずっと鳥肌が立ちっぱなしでした。北欧の透明感ある空気が伝わってくるような、きめ細かく素晴らしい音づくりのうえ、暖かく、パーカッシブな珠玉の名曲たち(#1,#2,#6,#7)。一方で、悲しく、そして美しくもある、心の奥底から込み上げてくるものが止まない曲(#3,#4,#5)。まったく感動の1枚です。ご紹介感激、感謝いたします。アグスティン…、音、曲、演奏に高いこだわりが感じられるボサノバ。僕の心の奥底に深く刻み込まれました。『Ese Dia Va A Llegar』もかなり気に入りましたので、とことんハマりたいと思います。
[PR]
by vespaet34 | 2006-03-06 22:34 | CD棚(Jazz&Soul)


<< Kathryn Moses /... Kimiko Kasai wi... >>