ヘッドライト バルブ交換

d0045900_2373485.jpg新車から2年経った'04年09月、 15791km走行時にヘッドライトランプのLow側が切れたので交換しました。ノーマルはPhilipsのH7-55wが付いていました。この時にPIAAの少し白さが増すものに交換し、それから1年、先日また同じ部分が点かなくなりました。('05年09月 25940km走行時。 )…1年で切れる?(画像はヘッドライトの裏側)

d0045900_243258.jpg交換したPIAAのバルブが悪かったのかなと思いつつ、すぐさま新品バルブを購入。(交換ついでにもう少し白いのを。)しかし、点かないライトのレンズ越しにバルブを見ていてもフィラメントが切れている様子は無く、もしかすると見えにくいところが切れているのだろうか…と。けれども、ヘッドライトを外してみるとフィラメントは繋がっていました…。アレ~??。以前からハイビームのスイッチ裏にあるコネクタの接触が少し悪かったので、そのあたりが原因かと思いながら、とりあえず新しく白さが増したバルブ(上画像)にワクワクしながら交換し、ヘッドライトを元に戻してみると…点かない!!。うぐぐぐ…。

もしかするとスイッチ?と思い、再びヘッドライトを外してスイッチを外し、清掃してみて再装着。けれどもダメ。結局モトリーノデルベント京都店に持っていってテスターであっちこっち通電を調べてもらってやっと原因が判明。

d0045900_2463657.jpg予想していたハイロー切り替えスイッチあたりの接触不良ではありませんでした。灯台下暗しというか、バルブと配線の接続部分が甘くなっていただけの話でした。ついでにハイ側もかしめてもらいバッチリ通電。こんなところが…。この部分、つけたり外したり繰り返すと結構緩んできて通電しにくくなくなるみたいです。でも、1回交換しただけなのでそんなに付けたり外したりはしてないのですが、緩むものなんですね。

結局はイタ車だから電気系統が弱いという話とは無縁のことでした。原因がすぐに分かって直ったからこそ言える話ですが…。下手すると原因が分からないバイク屋さんもあるんじゃないかと(失礼ながら)よぎりました。そういう店だと、「いや~、イタ車は電気系弱いですから。」の一言でヘッドライトユニットごと交換する羽目になるのだろうかと思ったり…。しかしながら、ET4は春夏秋冬毎日乗リ続けていても頼もしさを感じられるすごいヤツです。

そうそう、この青いバルブは白さが倍増します。
[PR]
by vespaet34 | 2005-11-03 20:47 | ET4メンテナンス (27)


<< ホーン鳴らず ヘッドライトバルブ >>